ふーさんの気まぐれな日記☆


by hu-san-hu-san

小説バトンついでに小説?書いてみたり

以前プレイしていたTS(トリックスター)っぽいものを。
【この物語はフィクションです。登場する人物、団体等は実在するものとは一切関係ありません】


コンビネーションマジック~突撃、テンタライオン~
「地獄の業火よ。抗う敵を焼き尽くさん。ヘルファイアー!」真っ黒な炎がモンスターを焼き払う。たった今まで大地を駆け巡っていた凶悪そうなモンスターは一瞬にして黒こげだ。【ヘルファイア】極限まで高めた魔力を一瞬にして爆裂させ敵を焼き払う闇魔法だ。この魔法を使ったのは通称『ダニー』闇魔法を華麗に操り、圧倒的な威力で敵を倒してきた。彼は闇魔法の天才だった。「あーぁ、そろそろこの狩場も美味くなくなってきたなぁ。封ー別の狩場行くー?タバスコ火山とか結構美味いって聞くよー?って、ぁぁ詠唱中か」
「無限の刃よ、敵を射殺せー!シャワーオブアロー!」空中に無数の矢が現れ、敵に突き刺さる。【シャワーオブアロー】空気中に無数の矢を発生させ、敵に突き刺さる初歩魔法【マジックアロー】の上級バージョンといったところか。オレは『封雷』通称は『封』
「オーイ!そいつまだ生きてるぞー!」ダニーがオレの後ろの敵を見て異変に気づき叫んだ。
「問題ない、もう終わってる。」そう言った瞬間、後ろから襲いかかろうとしていたモンスターの更に背後から光る輪が、敵を直撃した。
「ほぇ~マジックリングまで唱えてたのか、詠唱早すぎで気づかなかった」ダニーが驚きながら言う。【マジックリング】無数の光る輪を一瞬で発生させる下級魔法。オレはこのシャワーとリングのコンビネーションでこの世界を生きてきた。
「まぁ、なんていうか。シャワーだけで殺れる自信ないんでな、保険だ保険。それにオレからしたら1発で殺れるダニーのヘルが羨ましいよ、コンビネーションはわりとだるいし。なんていうか、Fキー押すのがだるいんだよFキーが」
「バッ、コラコラ、Fキーとか言ったら人間がゲームしてるってことがバレるだろ!ダニーだって誰かが操ってるってコトがバレるだろ!さっきまで結構真面目な物語っぽく書いてたのに…(ノ)´Д`(ヾ)ってぁー!顔文字使っちゃった。もうバレバレだよ(´・ω;;
ま、まぁ続き行こう。どこまで言ったっけ(?Д?)  …また顔文字を…もうヤケクソだ!封は魔力高いからシャワーの威力見てても格好イイヨ(・∀・)ヘル当たらんし」
「うわー開き直った。もういいや。オレもバラしちゃえ(つД`)オレは魔力高いけど命中ないんだなぁコレが(´・З・`)ぁぁ、そういえばタバスコ行くってかぁ?その前にテンタ行かんかねーテンタ」
「いいねぇ(・∀・)イクカ」
「で、そろそろ真面目な物語に…戻すか」
「OK( ´∀`)σ)∀`)プニュ」
「じゃぁ準備して現地集合で(+・`ω・´)b」
「特別ゲストも誘って(+・`ω・´)b」
~15分後~
「(・∀・)ノ”ヤァヤァ」のん気に現れたのは緑のタヌキこと【ゆけむり】彼は凄まじい防御と攻撃力でこの世界を渡り歩いてきた。
「バッ、ゆけさんコレ物語!顔文字止めて!」オレは必死に止めた。
「Σシ、シツレイ。」
「ま、まぁいいや。テンタ行くよ」
「あぃやぃさー」
「封とゆけむりさんいれば、まぁオレはなにもしなくても大丈夫か。」
「ダニー、テンタなんかヘルで燃やしちゃえ」

テンタライオンが現れた。【テンタライオン】スワンプという沼の主。圧倒的な攻撃力と凶悪なモンスターを召喚する巨大モンスター。
「でたなー、行くぞみんなー!」
「オー!オレの闇魔法で仕留めてやるぜー」
「壁はまかせろー」
最初に仕掛けたのはダニーだ。「地獄の業火よ。抗う敵を焼き尽くさん。ヘルファイアー!」直撃を受けたテンタは一瞬ひるんだがギャーという叫び声とともにダニーに襲い掛かる。「やばっ、避けきれねぇ」ダニーが目をつぶった瞬間。キーン!という音と共にテンタは宙を舞う。「大丈夫かーぃ?油断しちゃダメよっ!」そう言ったのはゆけさんだ。ゆけさんの激しい攻撃を受けて地面に落ちたテンタはもがいている。「まかせろー!無限の刃よ、敵を射殺せー!シャワーオブアロー!」無数の刃が立ち上がろうとしているテンタに襲い掛かる。凄まじい数の矢を浴びたテンタは瀕死の状態だった。だが、しかしテンタは最後の力を振り絞りオレに襲い掛かってきた。
「封!危ない!よけ・・・ろ」ダニーが叫んだ。だがしかし最後まで言うまえに勝負はついていた。
「ん?どこが?」マジックリングだ。最後の力を振り絞り攻撃しようとしたテンタライオンの背後から光る輪が襲いかかりテンタは動かなくなった。「さーすが封ちゃー、おみごとっ!」ゆけさんはリングのコトに初めから気づいていたようだった。「はぁ、封にしてやらてた、オレがトドメ差したかったのに」ダニーが残念そうに言う。
「まぁそう言うなってー、さぁ次はどいつ倒しに行こうかなー」
                                           ~続く~


っとまぁ書いてみたわけですが(´・З・`)途中ネタに走った
勝手に登場させたゆけさん、ダニー。すまんねぇ( ´∀`)σ)∀`)プニュ
あと、自キャラを主役にしたかったわけでー、おいしいとこ取りさせたかったわけでー…
気が向けばまた書くね(・∀・)ノ”他の人も勝手に登場させt
[PR]
by hu-san-hu-san | 2006-10-03 23:33 | 今日の出来事